タバコを吸う場所が本当に希少のようで

タバコを吸う場所が本当に希少のようで

タバコを嗜む方は本当に住みにくい国になりましたね。私はタバコを吸いませんので何の影響もありませんけれども。ただ、タバコを吸えないでイライラしている人を見るのは気持ちが良いものではありません。

先日、友人グループと焼肉店に行ったときのことです。食事を終え、まったりと会話を楽しんでいると、一人だけソワソワと落ち着かない友人がいました。「どうしたの?」と尋ねると「灰皿がないんだ」とのこと。その店は全席禁煙だったのです。結局その友人は、外でタバコを吸ってくるから先に出てるといって席を経ちました。

また、以前ショッピングモールに買い物に行った時、タバコが原因でもめている家族の会話を耳にしました。タバコを吸いたいから喫煙場所に行っていると父親が言うのですが、母親は子どもの買い物に付き合ってあげてと主張。子どもは両親の争いを見て困惑していました。

このような感じでタバコの問題は、健康以外にも人間関係に大きな影響を与えてしまうんですよ。吸わないとイライラすると聞きますし、それが原因でタバコを吸わない人にも不快を与えてしまうのは嫌なものです。

タバコの喫煙場所も本当に少なくなりましたね。どこでも当たり前のように吸い、歩きタバコだって当然の姿だった時代を知っているだけに、現状には驚かされます。

喫茶店で禁煙というお店もあるくらい。喫茶店と言えば珈琲と煙草のイメージなんですけどね。珈琲だけという店は、カフェ店というイメージがあります。お店の人も吸いたい人と、吸われたくない人に挟まれて結構大変でしょうね。

世間が嫌うタバコの煙。私はというと、一緒の場所で吸われても特に嫌悪感はありません(顔に吹きかけられたら嫌ですけど)。その場で一時的に吸い込んだからといって健康がいきなり悪くなるわけではありませんからね。

ただ、子どもの前では吸って欲しくないかもしれません。小さな子は健康に影響を受けやすいですし、動き回るのでタバコの火が体に触れて火傷をしてしまう恐れもありますから。

ホームセキュリティー

夢を持たせるために

もう少しで、息子も5歳になるのでそろそろ行きたいと考えている場所。

それはズバリ「キッザニア東京」です!

まだ将来大きくなったら何やりたい?と聞いても漠然とわからないと答える息子。

そうですよね、あまり意味もわかんないとは思います。

でも、やりたい仕事を小さい頃から見つけてあげる、もしくは、何かいい刺激を

与えてヒントを得てもらう事は、すごい大事なのかなって考えたんです。

わたしが小さい頃から夢という夢がなく、何になりたい?と聞かれても

「わかんない!」といつも答えていました。

特に親からも、勉強しなさいとか、何の仕事に就きたいか決めなさいなど

うるさく言われた事がないので、あまり夢を見るキッカケもなかったんです。

歌手になりたい!とか、女優になりたい!とか、デザイナーになりたい!など

女子には色々な夢があってもよかったもの。

わたしは本当に昔から、のんきな性格もあって、なにも気にしていなかったんです。

せめて、高校くらいまでには、なりたいもの、夢などあったらよかったですね。

小さい頃から夢があると、絶対それにむかって頑張れるし、目標があるのと

ないのでは、絶対に勉強の気合の入り方からして、差があると思うんです。

これは私の独論ですが、本当にそうおもっています、最近。

こどもにとって、夢がないと目標もないし、頑張ろうとう気になれないと思うんです。

息子は、車や電車関係が好きなので、将来JRや整備士関係の仕事を勧めても

いいかなと思っていますが、4歳の息子はまだちょっと意味はわからない様子。

親心としては、資格が大事なので、薬学部へ行って欲しいんですけどね。

今、車や電車が好きだけど、いつ冷めるかわからない、というのもありますね。

でもずっと好きだったら、整備士やJR職員も立派な夢ですよね。

キッザニアにデビューして、いい刺激を与える事ができたらいいかなって

思っています。